初期症状で自覚しにくい側弯症!悪化すると手術の必要性もアリ

男性に多い脱腸について

腰痛

男性に多い鼠径ヘルニアの症状について

鼠径は太ももの付け根部分のことをいい、ヘルニアは体の壁の構造に異常が起き、本来中に収まっているものが脱出してくる状態を表現する言葉です。つまり、いわるゆ「脱腸」のことを指します。本来内臓をお腹に収めるために、筋膜という壁があるのですが、この筋膜のちからが弱まってしまうと、兆が太ももや下腹部にはみ出してしまいます。この際に表面的に太ももの付け根部分を触ってみると、柔らかいコブのようなものができるのが分かります。

鼠径ヘルニアの原因と治療の方法

人間は他の動物と違って2足歩行で歩くため、お腹に力がかかりやすい生き物です。健康な状態であればお腹の筋肉や筋膜によって内臓を支えることができますが、加齢により筋力が衰えていくことで鼠径ヘルニアになってしまう可能性が高くなってきます。この病気は特に40代以上の男性が多く確認されています。また、日常生活で咳を良くしていたり、仕事でお腹に力を入れて荷物を持ったりなど、負担がかかるような仕事をしている人にも多い病気となっています。現在の医療で鼠径ヘルニアを治療するためには、現在だと手術を行う必要がでてきます。手術にはいくつか種類がありますが、一般的には腹腔鏡手術と呼ばれる手術と鼠径部を切開して治療をする手術の二つがあります。どちらにもメリットがあるため、一概にどちらがいいとは言えません。たとえば腹腔鏡手術だと傷跡が小さく済み、手術中や手術後の痛みが少ないと言われていますが、その分外の手術と比べて医療費がやや高額になってしまいます。鼠径部手術は前者よりも傷が大きくなってしまいますが、手術時間も腹腔鏡手術よりも麻酔が抜けるのが早いため、術後1時間程度では帰宅できるようになります。また、心肺機能が低下している患者でも行いやすいのが特徴的です。