初期症状で自覚しにくい側弯症!悪化すると手術の必要性もアリ

治療に効果的なANK療法

診断

最も新しい癌治療の方法としてのANK療法

今がん治療の中で、最も新しく、また注目されている療法があります。
その療法はANK療法と呼ばれている免疫細胞治療で、自身の中にある細胞を活性化させることでがん細胞を倒すといった療法になります。この免疫細胞治療は延命やQOL改善よりも病気自体を治すことを目的とされていて、また副作用も発熱などの一過性のもので現在までに確立されているがん治療の方法の中で最も身体への負担が少ないです。人の体は元々がん細胞を倒せる力を持っているので、倒すための細胞を活性化させるといった医療方法が免疫細胞治療となります。

NK細胞を利用したANK療法の具体的な方法

免疫細胞治療で使われるNK細胞は、元々人の体内に存在するものです。しかしがん細胞がこの天敵となるNK細胞を眠らせてしまい、活動できなくしてしまうことでがん細胞を身体の中で倒すことができる細胞が居なくなり、結果としてがん細胞が増殖と転移を繰り返してしまいます。ANK療法では、このNK細胞を採血で血液と一緒に取り出し、培養して活性化した後にまた点滴で体内に戻します。こうすることによって活性化したNK細胞は、がん細胞を攻撃することができるようになります。そのため、点滴を行う度にどんどん活性化したNK細胞を送り込み、がん細胞を撲滅することを目的とした免疫細胞治療となります。また、他の治療よりも患者自体が治療の効果を実感しやすいことも、注目されている理由の大きな一因となります。